どうも、まゆおです。

こちらのブログは月に一度ぐらいの更新頻度にも関わらず、 
意外に1日300人以上の方がコンスタントに読みに来て下すっています。


ありがとうございます。・゚(゚`Д)゙



ほら、いつもありがとうなんて、言えないじゃん??←誰だよ

私が家づくりをしていたのは、もう3年以上も前。
閑散としていたトヨタホームブログのブログランキングも、
いろんな方が参戦してとっても賑わっている( ´∀`)つ

なんかもう、中体連が終わって部活卒業間近の中学生みたいな気持ちになりつつ、←何十年前だよ

今日もブログを書いていきたいと思います(´∀`*)

うふふ、私中学んときバレーボール部だったんすよ・・・

しかもユニフォーム、ブルマ(はあと)

時代ですなー(´∀`*)



さて今日もどうでもいい話をくどくど綴っていますが、
今日はシャークスt(以下省略)のレビューその②。
実はこの話題に飽きつつありますが、一応書いておこうかと思います。

我が家にはシャークスチームクリーナーは2台ありまして、
それぞれのレビューを別記事にて書いているのですが、
コチラコチラ。)

今回はハンディクリーナーがモップに付属しているタイプのものを引き続きレポします。
これ。

ハンディクリーナーは前回記事にあげたものを見ていただいて、
今回はモップ部分の使い心地についてレポート。

このベーシックセットのスチームモップはですね、
なななんと、

自立しません。
DSC_0055
ズコーッ(古)

1台目に購入した、ハンディクリーナーが無いモップ部分のみののクリーナーは自立するんですけど、
DSC_4289
これ。

今回2台目に購入した方は自立しないので使用中立てかけておかなければならないし、
しまう時もどこかにもたれかけておかないといけないので、

ちょっと不便( -д-)ノ


しかもですね、
水を入れる穴が、真横に付いとるんですよ。
DSC_0312
 でべそのように。

 だから水を入れる時に、こうやって真横に倒して、水を入れるんですよね。
 DSC_0055
あれっさっきと同じ画像?

しかも満杯に入れて蓋をせずに立てちゃうと、水が滝のように口の部分から流れ出てきてですね(゚皿゚メ)
(↑蓋をしろ)


1台目に買ったモップの方は、本体の上部にタンクの蓋が付いていたのでモップを立てた状態でも水を入れることができたんですね。
BlogPaint
使ってるときは気が付かなかったけれど、水を足したりするのに熱くなったモップをいちいち倒さないでも済んだのは便利だった。 

便利なことって、不便にならないと気付かないよね(´∀`*)←良いこと言った


肝心の性能なんですけれども、
ハンディクリーナーが付いてるモップの方は、コンセントを入れると同時にボタンが光りまして、
3段階のパワー調整ができます。
DSC_0059
何回か押すとパワーを変えられる。

弱じゃちょっと弱い感じ。
中でも十分きれいになりますが、拭いた後乾くのが遅いような??
強は、フローリングが傷まないか心配でできませんでした(土下座)。

でも、先ほども書きましたが中でもとてもきれいになります。

ハンディ付属タイプの方がヘッドが良く回り、その点はすごく使いやすい。
DSC_0063
狭いところもすいすい。

ちなみに1台目に購入したモップ部分のみの方は、ヘッドは一切回転しません。

なので、

ヘッドが回らない1台目の方は自立する。
ヘッドが回る2台目の方は自立しないけど小回りがきく。

どちらを取るかは、あなた次第(どーん)←喪黒?


あ、あとハンディ付属の方はモップが両面使える。
1台目の方は、片面しか使えません。

これは助かります。すぐ黒くなります。
DSC_0065
黒くなるのはうちだけ??

ヘッドが表裏反転するので、
DSC_0317




BlogPaint
くりっと反転。

いちいち付け替えなくてもぞうきんの両面を使うことができます。


あとハンディ無しのタイプのモップは押すごとにスチームが出るのですが、
BlogPaint
柄の部分がぐっと押し込まれることでスチームが出ます。

ハンディタイプ付属型の方は、コンセントを入れてスイッチを入れると常にスチームが出続けます。
BlogPaint
やる気は十分。



ま、そんなとこです(・∀・)つ←投げた!


以上、レポレポでございました( ´∀`)



ブログランキングに参加しています、どうぞよろしく♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ  
にほんブログ村
banner (1)