It's my small world

トヨタホームで建てる注文住宅を計画し始めて、約1年・・・。2013年9月に無事完成し、引っ越しました。 家のことや日々のこと、趣味のことを書いていきます。

スイッチ

スイッチの中身について考える! ~もう何度目?~

どうも、まゆおです。

今更、鏡餅をしまいました。



さて今日は、スイッチの中身について考えてみる回です。

もうスイッチについて、何度目だよと。

もしかするとお父さんスイッチより頻度ある。

ていうかお父さんスイッチ、ちょろすぎ。

私なら「かきくけこ」の「か」で、金くれって言う。


ちょろっと脱線しましたが←おい、
とにかく再度、スイッチの話なのです。

スイッチって、押す場所と点く照明の位置が一致していないと、とても押しづらいものになってしまうんですね。
我が家の場合は、スイッチの中身も自分たちで指定して決めました。

なので今回は、我が家がどうやって考えていったか少しだけ書いていきたいと思います。


さっそくですが、パターンその1。

使う頻度の多いものを一番上に持ってくる。


例えば1階ダイニング横にあるこのスイッチ。
 PAP_0511

見ての通り、
①キッチン
②流し元
③ブラケット

とあります。

このスイッチは、下の間取り図でいうと
BlogPaint
紫の丸の位置に付いているのですが、

どの照明が点くのかというと、
BlogPaint
①~③の照明がそれぞれ対応して点くようになっています。
我が家ではキッチンにある照明を一番良く使う、と判断して一番上に持ってきました。

そのほかにも、2階ホールにあるこのスイッチ。
PAP_0516
「廊下」とは、2階ホールのことなのですが、
2階ホールよりも階段の方がよく使う、という判断から階段を上に持ってきました。


我が家では、2連や3連だと、使いやすいものから順番に上からもってきたのですが。
難しいのは、4連バージョン。

例えば、こちら。
PAP_0513
これは1階リビングに入ったすぐのところに付いています。

場所で言うと、こちら。
BlogPaint

ここまでスイッチが多いともはや場所を覚えていないのですが、

ここでパターンその2。

あくまで我が家の場合ですが、一番良く使うかな、と思ったものは左上にもってきています。
この場合、ダイニングの明かりですね。
そして一番使わないな、と思うものを右下にもってきました。我が家の場合は吹き抜けに付いているシーリングファンですね。
残った2つは、適当に配置。←おい

ただですね、スイッチの位置からダイニングって、一番離れたところにあるので、
BlogPaint

ダイニングのスイッチ、ここでも良かったかな、と思った。
BlogPaint
なんとなく、スイッチの中身と間取りの位置関係が一致している方が、分かりやすいのかもしれない。



というわけで、スイッチの中身、ハウスメーカー側で良いように決めてもらえるとは思うのですが、
各ご家庭どのようにしたら使いやすいのか、一度ご自分でも考えてみてはいかがでしょうか.。゚+.(・∀・)゚+.゚



ブログランキングに参加しています、どうぞよろしく♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ  
にほんブログ村
banner (1)

危うく失敗!? ~スイッチの配置②~

どうも、まゆおです。

今日は来年から使うための家計財布を買った。

PAP_0522

うーん、渋いぜ。

中がこんな感じで、さらに渋い。

PAP_0523

来年は渋い感じで行こう、そうしよう(・∀・) ←絶対無理



さて今日は、昨日に引き続きスイッチの配置のお話。

スイッチの配置、今日書くことも個人的な体験談になるのですが、
「こういうこともあるんだ~」と思っていただければ幸いでございます(´∀`)


で、本題なのですが、
どこのスイッチが問題になったのかというと、ここ。
BlogPaint
ここには、リビングやダイニングを照らすスイッチが付いています。


我が家のリビングの壁には私が気に入って買ったぶどうのランプが付いており、
そのぶどうのランプを引き立たせるためにコーディネーターの方と話し合いながら
どんな壁紙にするかという話をしていたんですね。
PAP_0138
何回このランプについて書いてるんだっていう。
照明に関する記事は、コチラから。

だから、できれば、ぶどうランプの付いている壁の面には、何もスイッチとか付けたくなかった。

その割にインターホンはがっつり付いてますけれども。
PAP_0525
そこは使いやすさ重視だった。

だけど、そういうインテリアについてコーディネーターの人と話し合うのって、
トヨタホームの場合だけではないと思いますが、
だいたい家の間取りや設備を話し合ったなんですね。

だから、リビングやダイニングを照らすスイッチ、最初ここに付いてた。
BlogPaint

もっと言えば、我が家にはリビングとダイニングに床暖が入っているのですが、それらのスイッチも、
この面に付いていた。
BlogPaint
床暖2箇所でスイッチ2つ。


で、もっともっと言えば、我が家にはリビングとダイニングの掃き出し窓に、電動シャッターが付いているのですが、
BlogPaint
これらの窓2つのシャッター。

この電動シャッターのスイッチまで、この壁に付いていたのです。
BlogPaint


もうね、スイッチだらけ。

スイッチフィーバー。


大好きなぶどうランプ付けるわ~、そのために壁紙だって変えちゃうわ(*゚▽゚*)

なんて浮かれていたらあらびっくり、
建ってから見たらスイッチだらけの壁完成。
BlogPaint


・・・・に、なるところだった(゚Д゚≡゚д゚;)!!!!


何でこういうことが起こりそうになったかというと、
先ほども書きましたが、大体インテリアを決めるのは間取りやスイッチの配置を決めた

ぶどうランプも、間取りが大体決まった後、インテリアについて考える余裕が出てからネット通販で購入していました。

だから、スイッチの配置を決める時点では壁紙をぶどうランプの為に変えるなんて話は出ていなかったわけで。

こんな感じの設計図しか目の前に無い中、
BlogPaint
えっ?


設計士さんが、最後、設備の確認をしている時に気付いてくれたんです。


「ここ、スイッチだらけの壁になりますけど、大丈夫ですか?」と。


もうね、おおーーーーーあっぶねーーーー!!!!!(゚ロ゚;)てなった。
設計士さん、すごいグッジョブ。
危うく、お気に入りの壁が、見るたびに憂鬱な、失敗だらけの壁になるところだった。
BlogPaint

チーン。


結局色んな壁にスイッチを分散させて事なきを得たのですが、
もしインテリアを決めるときに「この壁をぜひこの照明で飾りたい!」とか「この壁は壁紙変えて見せる壁にしたい!」とかそういう話が出てきたら、


スイッチめっちゃ集まってないか、確認してください。


無さそうで、ある話だと思います。


お気を付けくださいませっ(;´Д`)




ブログランキングに参加しています、どうぞよろしく♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ  
にほんブログ村
banner (1)


おすすめ




記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ