It's my small world

トヨタホームで建てる注文住宅を計画し始めて、約1年・・・。2013年9月に無事完成し、引っ越しました。 家のことや日々のこと、趣味のことを書いていきます。

間取り

採光について、考える!

どうも、まゆおです。

昨日めちゃイケを見ていたら、まゆゆががんばっていた。

私、まゆゆが好きです。

写真集も持ってます。←え

がんばれ、まゆゆー! 

あ、まゆゆが好きだからまゆおというわけじゃないです。
まゆ歴で言ったら私が先。悲しい現実。


さて、今日は久々に、家作りをする際に我が家が考えたことを書いていこうかと思います。
最近こういうネタ、一切書いてなかったもんねー(・∀・)つ
春が来たので、頭が沸いております。


ところで家作りをする上で失敗しがちなのが、採光のこと。
家を実際に見るまで、なかなかイメージがわかない、日光の入り加減。
我が家も採光に関しては、慎重に考えました。

実際住んでみないと分からないのですが、我が家は幸い、明るいです。
というか、時間によっては、若干まぶしい。

そんな体験談も交えて、書いていこうかと思います(・◇・)ゞ


まずですね、東側から入る日光の話。
我が家の建っている土地は東側に日を遮る建物が無いので、朝日が直に入ってきます。

我が家の東側にはダイニングとキッチンがあるのですが、
私が読んだ間取りの本によると、ダイニングやキッチンは朝日が入ったほうが朝目が覚めるし、良い一日のスタートを切れる、ということで良いらしいんですね。

逆に西側にキッチンがあると、西日に気をつけないと夏場は特に西日でキッチンが暑くなってしまうので、料理をする際大変なのだそうです。
私の実家が南西角地に建っていて西側にキッチンがあるのですが、そういえば母はいつも扇風機を回して料理していた。

我が家の間取りは、こんな感じ。
BlogPaint
相変わらず画像は使いまわしております。

ダイニング側にはこのような感じで窓が付いており、ダイニングテーブルを置いて毎朝食事をしているのですが、
BlogPaint
相変わらずがぞ(以下省略)

朝7時ごろだと、今の時期から(春頃)まぶしいぐらいの朝日が東側の窓から入ってきます。
PAP_0865
ピカー!ピカチュウ!バカ!

私は手前のイスに座っていつも朝ごはんを食べているのですが、もう、毎朝こんな感じ。
PAP_0866
ミッキーパンケーキ by 夫。

朝明るいっつーかまぶしすぎるわけです。
こんな朝日を毎朝浴びていたら、私の顔がこんな風になるのも時間の問題。
PAP_0819
バナナになる。

じゃなくて、シミだらけになる。

なので東側に建物が隣接していない場合、カーテンに気を付けないと、朝日が意外に攻撃力が高い。
つーか我が家は気を付けなかったせいで超まぶしいっす。

2階の寝室も東側にあって、こんな感じで窓が付いてるんですけど、
BlogPaint

東側のこの横長の窓。
BlogPaint

この窓はすりガラスなんですが、朝6時ごろからすでに、アホみたいにまぶしいっす。
こんな窓でも部屋がすごい明るくなります。
我が家は予算をケチってこの窓にロールスクリーンを付けなかったので、余計明るい。
PAP_0862
ピカー!ライチュウ!はあ?

おかげでおもっくそ目が覚めます。
目、ぱちくり。
眠くても、強制的に、ぱちくり。

ただ一つ言えることは、やはり明るいと気分が良い。

結論としては、東側に日をさえぎる建物が無い場合は、むしろちょっと日を遮るようなレースのカーテンを考えないと、奥様の肌年齢が上がってしまう可能性があるので、注意かもしれません。


でですね、次は南側なんですけれども。

南側にこういった吹き抜けの窓を作りますと、
PAP_0113

今の時期(春頃)すでに、
リビングがやばいことになっております。
PAP_0869
つるピカー!はげ丸!うーん・・・・

これベビー用布団なんですけど、もう我が家の赤子が寝る場所は、時間帯によってはわずかなわけです。
こんな風に光が入ってくる時間帯は、こんな感じで寝かされている。
BlogPaint
まじで?

我が家は予算をケチってこの窓に電動なり手動なりのロールスクリーンを付けなかったため、
南側からの直射日光が入ってくるんですね。
あれ、似たような文どっかで見たな。

まあベビーはちゃんと避難させているのですが、
とにかく南から入ってくる直射日光がすごい。 

幸い我が家はバルコニーに日よけを置くことができるので、そのうち買って設置する予定なのですが、
やっぱり日を遮る何かを置けるよう対策をしておかないと、ほんとにまぶしいです。

なので光量を調節できるよう対策を考えておいた方がいいかと。

というわけで、日光が強かった、というお話。

次回はこのリビングに入る日光を遮る日よけのお話(・∀・)つ



ブログランキングに参加しています、どうぞよろしく♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ  
にほんブログ村
banner (1)
 

我が家がリビングイン階段をあきらめた理由!

どうも、まゆおです。

今朝、信じられないことが起こりました。

PAP_0684
ファスナーが取れた。

どうでもいいY!!(おさる風)



さて、今日は間取りに付いて語っちゃおー企画第2弾、リビングイン階段編です。そんな企画あったっけ、て感じですね。


リビングイン階段、いいですよね~かっこいい。

私たち夫婦が一番最初に見に行った展示場も、リビングイン階段の家で、とてもかっこいいと思った。

でも、やめちゃったんですよね、あこがれはありましたが。


自分がリビングイン階段をやめるに至った経緯として、色んなサイトを見て色んな意見を読んだのですが、肯定派と否定派両方の意見を見てとても参考になったので、

今回はなぜ我が家ではやめるに至ったのか、その経過をちょっと書いてみようかな、と思います(・∀・)



さて、リビングイン階段なのですが。

まずリビングイン階段をあきらめた理由1つ目は、

リビングに階段を取れるスペースが無かった

まあスペース無ければ置けませんよね。
話、ここで終了。 
でももうちょっとだけ書く。


理由二つ目、それは、

階段を直線階段にするのを避けたかった

リビングイン階段て私の見る限りなんですけど、直線階段が多かったんですね。

階段、実家が直線の階段なんですけど、
一度踏み外すとほんとに上から下までこんこんこーん!!て、止まることなく落ちるんですね。
階段から落ちることってほとんどないんですけど、
一度落ちると割と大怪我。
顔から落ちたことがあって←何で?、口の中を結構切りまして、それを避けたかったんです。
途中で切り返しのある階段は途中で止まりますから。
まあ、安全面です。
セーフティーは重要。


そして理由3つ目。

暖房効率を上げたかった。

我が家のリビングにはこんな感じの吹き抜けがあるのですが、
PAP_0114
こんなの。
 
吹き抜けとリビングイン階段を併用してしまうと、
やはり冬場冷気がすごい入ってきてしまうと。
暖房の熱気が全て逃げてしまうんですね、2階に。
全館空調なら良いと思いますが、我が家にそんな予算は無かった。

リビングイン階段にカーテンを付けて熱気が逃げるのを防ぐ方法もあるようですが、
間取りを考えていた時期がちょうど冬で、寒いのが嫌だったのでやめました。
現在、我が家は吹き抜けにシーリングファンが付いているのですが、
ファンを回さなくてもリビングは結構暖かいです。
でもこれは日当たりの問題もあるかもしれません。


理由4つ目。それは、

子供が2階に上がるときに必ず顔を合わせる必要があるとは思わなかった。

これ、賛否両論かと思います。
でも私の意見なので、書いてみちゃう。

いろんなサイトを見ていてリビングイン階段の大きなメリットとして挙げられていたのが、

子供が帰ってきた時に必ずリビングを通るので家族と顔を合わせることができる

というものがありました。
確かに、そうかも。それによって子供の様子を毎日確認できますね。
どちらかの親が子供の帰る時間帯に家にいる場合になりますが。

例えば学校で嫌なことがあったりしたとき、顔の表情が暗かったら直ちに気付くことができるかもしれません。
友達を連れてきて、勝手に2階に上がっていることが無いかもしれません。

でも私が色んなサイトを見ていて個人的に納得したのが、
「仮に子供が学校でいじめに合った時、子供は親に知られたくないものである」、
という意見。

確かに、もうとうに昔のことなので忘れていたのですが、私も小学校のころいじめにあったことがありまして、
その意見に妙に納得してしまったんですよね。

もし帰ったときに必ず家族と顔を合わせなきゃいけないような間取りになってたら、
果たして子供はまっすぐ家に帰れるだろうか。
公園かどっかで涙が乾くのを待って、それから家に帰る、みたいな事にはならないだろうか。
親が心配するから、とか、恥ずかしくて学校でいじめられてるなんて言えない、とか、そういう理由で。


でも普段から子供が親に何でも相談できる関係を築いていたら、リビングイン階段は子供にとって助けの綱になるのかもしれませんよね。
帰ったらいつも親がいて、つらいことを何でも話して、助けてもらえる、そういう場所。
家の中にそういう場所作れたら、最高だと思います。


なので難しい話なんですけど、まあ我が家の場合は何せスペースが無かったもんで、はなから作れなかったんですが、

一応我が家がリビングイン階段をあきらめた理由を書き出してみました。


色んな意見があると思いますが、こういう意見もあるんだーへーあっそ( ´_ゝ`)と流していただければ幸いでございます(・∀・)


ブログランキングに参加しています、どうぞよろしく♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ  
にほんブログ村
banner (1)
 

おすすめ




記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ